日本盲教育史研究会

掲載:2015年05月17日

最終更新:2015年05月17日

メニューをスキップして本文へ

案内終わり♪

ここから本文です。

第4回総会・研究会ご案内(一次)

 日本盲教育史研究会は創立から4年目を迎え、今年は「日本最初の盲唖院」京都府立盲学校を会場に開催されます。

 お陰様で会員数170名を超す研究会に成長致しました。内容的にも、昨年の研究会で芽生えた異分野との共同研究や、聾史研との研究交流等多彩なものになってきています。5月の北海道ミニ研の成功や6月にロンドンの Royal Holloway 大学で開催される研究会 Blind Creations Conference 等国際交流の成果を踏まえ、新たな研究展開を図る予定です。

日本の盲教育発祥の地での研究会に多くの皆様の参加をお待ちしています。

日本盲教育史研究会会長 引田秋生

日時

2015年10月24日(土曜日)

9時30分から16時30分

会場

京都府立盲学校 花ノ坊校地 多目的教室

所在地 : 〒603−8302 京都市北区紫野花ノ坊町1

内容
資料室見学
午前9時30分から10時15分迄(事前予約制・先着順25名)
第4回総会(10時30分から11時)
開会・提案・審議など
第4回研究会(11時から16時30分)
挨拶

11時から

公募報告

11時15分から12時

★15分×3名(公募中)

昼食休憩

12時から13時

記念講演

13時から14時30分

「日本の視覚障害者を支え続けた点字出版と点字図書館」
全国視覚障害者情報提供施設協会参与 加藤俊和氏

研究報告

14時45分から各30分

「大阪における明治期盲唖教育史」
近畿聾史研究グループ 新谷嘉浩氏

「インクルーシブな学校秩序の構築過程に関する社会学的探求―小学校における全盲児の学級参画と支援の組織化を中心に」
大阪市立大学都市文化研究センター研究員 佐藤貴宣氏

「中村京太郎と普選―昭和3年の『点字大阪毎日』によるアンケート調査を中心に」
関西学院大学人間福祉研究科研究員 森田昭二氏

挨拶

16時25分から

参加費

1000円(当日徴収)

昼食

希望者には、1000円の弁当(お茶つき)を斡旋します。

備考

普通文字、点字及び拡大文字の資料を準備し、聴覚障害の方への情報保障を行います。

主催

日本盲教育史研究会

後援

(予定)全国盲学校長会,日本盲人福祉委員会,毎日新聞社点字毎日

申し込み

〒611-0013 京都府宇治市菟道丸山1-70  岸 博実 気付

日本盲教育史研究会事務局
E-mail: moshijimu@moshiken.org

上記宛に「氏名,住所,所属,電話番号,メールアドレス,使用文字,昼食の注文有無,配慮希望,資料室見学希望」などを明記して、郵送又はメールで早めにお申込みください。

なお、「公募報告」を希望なさる方は2015年6月30日までに、氏名,発表題を事務局までご連絡ください。運営委員会で選考の上、発表者を決定します。

以下、第4回総会・研究会案内チラシの印刷用データ(ワード文書,PDF,テキスト,点字の順)を掲出致します。
印刷してご利用下さい。

  • Microsoft Office Word ファイル
  • PDF ファイル
  • テキストファイル
  • 点字ファイル

案内チラシの一覧は以上です♪

PDF ファイルを開くには Adobe Reader というソフトウェアが必要です。
インターネットから Adobe Reader をダウンロードして、お使い頂くことができます。

本文ここまでです。

ナビ終わり♪


Copyright 2015 日本盲教育史研究会, All rights reserved.

英語:Japan Society on the History of Blind Education

エスペラント:Japana Societo pri la Historio de Blindul-Edukado(ヤパーナ ソツィエート プリ ラ ヒストリーオ デ ブリンドゥール・エドゥカード)

ここがページの最後です♪